スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「スター・ウォーズ エピソードI ファントム・メナス」 ジョージ・ルーカス
スター・ウォーズ エピソードI ファントム・メナス [DVD]
スター・ウォーズ エピソードI ファントム・メナス [DVD]

*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


んもぉ~、スター・ウォーズ大好き!!!
映像や音楽、なんといってもあの世界観!!!
映画の無限の可能性を感じさせます。
どんな世界でもつくることが出来る!!
映画の素晴らしさが凝縮されていますよね!
そして、アナキン。
大好きです。

(ヘーデン・クリステンセンかっこいいし・・・(笑))

非常に人間味あふれる彼が大好きです。
ジェダイになるには、優しすぎたんです。
まじめすぎて、人を愛することの素晴らしさを知りすぎていたんです。
それがスキになってしまいます。
シスにつけこまれます!
彼がジェダイを目指したのは遅すぎましたし、それゆえ様々な感情を他のジェダイよりも持ち過ぎていたんです。
スター・ウォーズは悲劇だと思います。
ジェダイとしての能力の高さと、人としての感情の豊かさを持ち合わせていたために、辛い人生を歩みます。
ひとりの人間の、残酷なまでに悲しい人生を描いています。


そんな物語のはじましが、これです。
ここからすべてが始まるんですね。
将来何が起こるか知っているから、複雑な思いで観てしまいます。
さぁ、6話すべて観ていきましょう!!


ここで、プチ情報☆
ファント・ムメナスでは、オビ=ワンはパダワンです。
髪型が特徴的ですよね。
右側に三つ編みをつけています。
実は、スタッフのミスで、左側に三つ編みをつけているシーンがあるんです。
ぜひ、探してみてください(*゚v゚*)






にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【2012/09/07 20:55】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「SAYURI」 ロブ・マーシャル
SAYURI [DVD]
SAYURI [DVD]

====================

あまりにも日本からかけはなれているので、和は感じませんでした。
それでも、さすがに着物の着方にが度肝を抜かれましたが・・・

好きです。
まず、映像がすごくきれい。
世界観がしっかりしていました。
そして女優さんの演技がいい!
みなさんお綺麗です。


この映画では、芸者は人生を選べないらしいけど
絶望の中でも生きていくって強いです。
最後に千代に幸せがやってきてホントよかった。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【2012/07/09 20:22】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「硫黄島からの手紙」 クリント・イーストウッド
硫黄島からの手紙 [DVD]
硫黄島からの手紙 [DVD]

=======================

 傑作です。

 泣ける戦争映画もあるけど、それって話を美化しているのかなと思います。
事実ではないのかなと。
現実ってそんな感動して泣けるような話じゃないです。
ましてや、私なんか戦争経験したことないから、その本当の辛さや悲しみを知らない。
だから、共感なんてもってのほか。
理解できなくて当たり前。
経験した方にしか戦争は分かりません。
なのに泣けるって、戦争を私たちが共感できるものに作り変えたからではないでしょうか。
批判しているわけではないです。
映画って正解がないものだから、戦争を伝えるための映画でなければ、感動的な話は素敵です。
むしろそういうの私好きです。
でも、本気で戦争を伝えようとしてる映画は、泣かせちゃだめです。
この映画を見終わると、疲れ果ててしんどかったです。
それでいいと思います。
戦争って感動するものじゃないですから。
これは、戦争を少しでも知るための映画です。
現実はもっともっと悲惨でしょう。
でも、戦争を知らない私にとっては、すごく貴重な映画です。
そういう意味で、これは素晴らしい映画だと思います。


 本当に観てよかった。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【2012/07/01 16:24】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。