スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『RDG2 レッドデータガール2 初めてのお化粧』 荻原 規子
人と自然


RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (角川文庫)
荻原 規子 酒井 駒子
RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (角川文庫)



現代の私たちは、自然に対してどういう感情を抱いているのでしょう。
人間は、自然の上には決して立てないということを忘れているような気がします。
そもそも、人間も自然の一部です。
なのに、環境破壊など人間は自然にはむかうことが多い。
もともと日本人は自然を愛し、自然と共に生きてきた民族です。
それを考えると、自然との対話が薄くなった現代を寂しく思います。

この作品に登場する山伏や陰陽師といった人々は、人知を超えたものと古代から関わってきました。
それが自然との対話になり、地球と共存していたのです。
そんな彼らが少なくなり、地球と話さなくなった人間は滅びの一途をたどります。
今の時点では、これから物語がどう転ぶのか不明な点が多いです。
しかし、姫神は人類滅亡をほのめかしました。
この先どうなるのか、まだまだ楽しませてくれそうです。

このシリーズを読んでいると、人間と自然の関わりについて考えさせられます。
自然の恐ろしさ、偉大さ、そういったものが、姫神や神霊を通して伝わってきます。
それは底知れぬ恐怖であり、神々しく美しいものです。
古代の人がなぜ、自然を愛したのか少しだけ分かったように思います。
今とは異なる、澄んだありのままの自然があったのでしょう。
神さまだって、本当に人の心の中にいたのでしょうね。

さて、泉水子というひとりの少女の成長を描いた小説としても面白いです。
感情描写、情景描写共に細かいので、映画を見ているようにはっきりとその場を想像できます。
泉水子が、自分を変えようと必死で努力していることもしっかり伝わってきます。
読んでいる私も励まされ、とてもいい刺激を受けています。


まだまだ全体が見えません。
これからどうなるのでしょう。
続きを読みたくて読みたくて仕方がないです。
ということで、早速次巻いってみよー!!!

スポンサーサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【2013/01/20 12:40】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<『とある飛空士への追憶』 犬村小六 | ホーム | 『ゆんでめて』 畠中恵>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://carpaccio009.blog.fc2.com/tb.php/99-43ba8ecc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。