スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『斬られ権佐』 宇江佐 真理
本物の愛は、あとになって気が付くものなんです。

斬られ権佐 (集英社文庫)
斬られ権佐 (集英社文庫)
宇江佐 真理


最後まで読んで、この作品の良さが分かりました。
淡々とした日常生活。
波乱万丈な冒険小説が好きな私としては物足りないなぁと思っていました。
しかし、だからこそ権佐の愛を身近に感じます。

私たちの日常生活とほぼ変わりない毎日。
そんな時起こったある事件。
愛する家族を守るため、権佐は自身を犠牲にします。
「あ・・・、愛ってこういうことか」
その時分かりました。
普段の何気ない行動が実は愛でいっぱいだったり、憎まれ口をたたいてもそれは愛情の裏返しだったり。
大切なことは、いつも後で分かるものです。
そして、その人を本当に大切に思うものです。
本物の愛は、あとから気づくものなんです。

スポンサーサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【2013/01/11 22:26】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<『ゆんでめて』 畠中恵 | ホーム | 「とある飛空士への追憶」 宍戸淳>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://carpaccio009.blog.fc2.com/tb.php/97-f997b446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。