スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『喪の女王8』 須賀しのぶ
人は、神をも超えることができる。

喪の女王 8 流血女神伝 (流血女神伝シリーズ) (コバルト文庫)
須賀 しのぶ 船戸 明里
喪の女王 8 流血女神伝 (流血女神伝シリーズ) (コバルト文庫)


流血女神伝、完結!!!!!!!!!

長かった・・・。
ついに完結しました。
壮大な物語を書き終えた須賀しのぶさん、素晴らしいです。

さて、こうも長い物語となると
クライマックスをどうもっていくか非常に難しくなります。
様々な理由があってこうなったとは思いますが、欲を言えば、この終わり方あっけなさすぎます・・・。
せめてグラーシカの最期を・・・。
そして、イーダルがルトヴィアに入る場面だけでも・・・。
その後の登場人物がどうなったのかも謎すぎます。
ここまで楽しませて頂いたからこそ、残念です。
最後に詰め込みすぎましたね・・・。


人は神をも超えることが出来る。
人のもつ可能性の大きさを訴えてくる作品でした。
想像を絶する過酷な運命を生き抜く人たち。
登場人物の心は折れてばかりです。
誰一人として、鋼の心を持った超人的なヒーローは出てきません。
あくまで、ありのままの"人"を描いています。
だからこそ世代を超えて、誰が読んでも感動する物語なのです。
それぞれが苦しみながら、力強く生きぬく様を見てください!!
人の力は神を超えます。
負けるな!!
地獄を見ても、精神が壊れても、どんなに辛い過去を背負っていても
今を生き抜く人たちは、この上もなく輝いています。

どんなに素晴らしい人でも
どんなに強く見える人でも
生きることは辛いのです。

皇帝やら、王やら、農民やら、海賊やら、様々な人が出てきます。
しかし、身分なんかに意味はありません。
どんな肩書を持っていても、人は人です。
人という生き物の生き様を見せて頂きました。


このシリーズは、私の生涯ベストに入ります。
素敵な本と出会えて幸せです。

スポンサーサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【2012/11/27 23:01】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「とある飛空士への追憶」 宍戸淳 | ホーム | 『深川恋物語』 宇江佐真理>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://carpaccio009.blog.fc2.com/tb.php/91-3477ab00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。