スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『おそろし』 宮部みゆき
人は、過ちを犯す。だけど、それを乗り越えることが出来る。


    おそろし 三島屋変調百物語事始 (角川文庫)
             宮部 みゆき
おそろし 三島屋変調百物語事始 (角川文庫)


百物語というからには、背筋が凍るような怖いお話かと思っていました。
全く違いますね。
確かに幽霊は出てきます。
でも、それは己の心そのものなんです。

こちらの短編は、すべて人が犯した過ちと後悔です。
こんな不幸自分だけだと思っていても、意外にみんな経験しているんです。
私ひとりが辛いんじゃない。
生きるのが、辛くない人なんていない。
(これは、宮部みゆきさんの『幻色江戸ごよみ』を読んだときにも思いました。)
みんな、今を精一杯生きています。
過去は消せないけど、後ろばかり向いていたら先が見えない。
未来が見えない。
あんなに辛い過去を持っていても、
「今が幸せだ」と笑って言えるお福が印象的です。

お彩と市太郎の話が一番好きです。
相手を間違えると、愛はこれほどまでに醜くなってしまう。
でも、それは他人の見方であって、当人たちの気持ちは純粋です。
私はそれでもいいのかな、と思います。
人に何と言われようと、自分が認められるなら、それは愛です。
他人がとやかく言ってはいけません。
しかし、そうも言ってられないのが現実です。
愛以上に素晴らしいものはなく、愛以上に残酷なものは無い、と感じました。


シリーズで続くようなので、続編が出たら読もうかなと思います。
いつかおちかが、笑顔で「幸せです」と言えるようになってほしいです。

スポンサーサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【2012/10/22 23:01】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<『喪の女王6』 須賀しのぶ | ホーム | 『からくりからくさ』 梨木香歩>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://carpaccio009.blog.fc2.com/tb.php/85-adec4af4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。