スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「硫黄島からの手紙」 クリント・イーストウッド
硫黄島からの手紙 [DVD]
硫黄島からの手紙 [DVD]

=======================

 傑作です。

 泣ける戦争映画もあるけど、それって話を美化しているのかなと思います。
事実ではないのかなと。
現実ってそんな感動して泣けるような話じゃないです。
ましてや、私なんか戦争経験したことないから、その本当の辛さや悲しみを知らない。
だから、共感なんてもってのほか。
理解できなくて当たり前。
経験した方にしか戦争は分かりません。
なのに泣けるって、戦争を私たちが共感できるものに作り変えたからではないでしょうか。
批判しているわけではないです。
映画って正解がないものだから、戦争を伝えるための映画でなければ、感動的な話は素敵です。
むしろそういうの私好きです。
でも、本気で戦争を伝えようとしてる映画は、泣かせちゃだめです。
この映画を見終わると、疲れ果ててしんどかったです。
それでいいと思います。
戦争って感動するものじゃないですから。
これは、戦争を少しでも知るための映画です。
現実はもっともっと悲惨でしょう。
でも、戦争を知らない私にとっては、すごく貴重な映画です。
そういう意味で、これは素晴らしい映画だと思います。


 本当に観てよかった。

スポンサーサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【2012/07/01 16:24】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「シャンハイ」 ミカエル・ハフストローム | ホーム | 一期一会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://carpaccio009.blog.fc2.com/tb.php/55-7434b485
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。