スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『砂の覇王 3』 須賀しのぶ
砂の覇王〈3〉―流血女神伝 (コバルト文庫)
須賀 しのぶ 船戸 明里

砂の覇王〈3〉―流血女神伝 (コバルト文庫)
帝国の娘(後編) 流血女神伝  (流血女神伝シリーズ) (コバルト文庫) 帝国の娘 下 (角川文庫) 帝国の娘 上 (角川文庫) アンゲルゼ  永遠の君に誓う (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫) アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭 (アンゲルゼシリーズ) (コバルト文庫)
by G-Tools

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 今回は泣きました。

グラーシカがルトヴィアに嫁に行きます。
しかし、そのことを中々決断することが出来ませんでした。
その後押しをしたのが、姉のネフィシカ。
グラーシカの心の底に秘めていた想い。
母を尊敬している一方で、恐れてもいる。
母につぶされた姉を見ているから。
でも、立派にユリ・カスナを治める母を愛してもいる。
母や姉から離れたいけど、離れたくない心の葛藤をネフィシカは見抜いていました。
グラーシカは、ユリ・カスナから離れた方がいい。
外から、この王国に愛情を注げばいい。
だから、ルトヴィアに嫁ぎなさい。

 どこまでも互いを愛する姉妹の姿が綺麗でした。


 バルアン気に入りました。
残酷で、非情です。
こんなに好き勝手やってる人だけど、根はしっかりしていると思います。
彼しかもってない魅力がいっぱいです。
だからコルドやムイクルも、ずっと彼に仕えているんでしょうね。

 次巻は、いよいよトルハーンが登場しそうです!
相当インパクトのある外見をしているようで楽しみですね♪


今回も残念なことに、エドの存在薄かったです・・・(T_T)

スポンサーサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【2012/05/22 20:32】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「桜会」 ゆず❀ | ホーム | 金環日食>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://carpaccio009.blog.fc2.com/tb.php/47-4193d159
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。