スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『黄金の王 白銀の王』 沢村凛
この血に恥じぬよう生きること。事切れる間際まで・・・


黄金の王 白銀の王
  • 沢村凜
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 860円
Amazonで購入


 仇敵同士が争わない。
これ以上血を流さないために。
この身のすべてを犠牲にしてでも、百年以上続く、闘いの歴史を終わらせよう。

 二人の王が立派すぎて、理解できない。
自分以外の何かのために、ここまで自身を犠牲にできるだろうか。
どうしてこんなに強いのか。

 二人のしようとしてることは、人から理解されない。
互いを殲滅させることしか頭に無い、敵対する二つの一族を一つにしようとしてるから無理もない。
しかし、二人は突き進む。
己の道が正しいと信じて。
特に、薫衣(白銀の王)の身には、つらい経験がこれでもかというほどふりかかる。
"死ぬほどつらい"という言葉が甘っちょろく聞こえるほど、その苦しみは並みのものじゃない。
それでも、逃げない。
どうして・・・
どうしてこんなに強くなれるんだろう。

 私は、一生彼らを理解できないと思います。
こんな立派な人間いないよ・・・
スポンサーサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【2012/05/06 22:31】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<『帝国の娘(上)』 須賀しのぶ | ホーム | 『瞳の中の大河』 沢村凛>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://carpaccio009.blog.fc2.com/tb.php/41-91da735d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。