スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『瞳の中の大河』 沢村凛
これは・・・ すごい本を読んでしまった・・・ 放心状態です。


瞳の中の大河
  • 沢村凛
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 860円
Amazonで購入


 はぁ・・・。
本の強さに負けてしまいました。
あまりにも素晴らしすぎて、放心状態です。
私の魂はしばらく(長らくかも・・・)宙をただよっていました。
何から書けばいいんだろう、そもそも何を書けばいいんだろう。
感じたことが多すぎて、とてもじゃないけど書ききれません。
それ以前に、言葉にできません。
自分の語彙能力で、この素晴らしさは表現できない。

 正義は、常に悪と表裏一体。
アマヨクと野賊の目指すものは同じ。
でも考え方が違うから、アマヨクにとっての正義は野賊にとっての悪だし、野賊にとっての正義はアマヨクにとっての悪になってしまう。
同じ目標をかかげていても、歩む道が違うだけで敵同士になってしまう。
正義なんて言葉は、ただのきれいごとだと思う。
どんな美しい正義にも、悪の側面はあるのだから。

 人という動物は、魔物だと思った。
助けられる以前のルタンは人といえるのだろうか。
「恩知らず」と呼ばれていたころの彼は、身なりも汚く、虫を食べていた。
愛を知らないため、オンアルカに性的虐待を受けているにもかかわらず、それを愛だと勘違いする。
私にはこの頃のルタンは、人のかたちをした別の生き物に見えた。
人として当たり前のこと(善と悪、人とのかかわり方など)を知らないことは、こんなにむごいものなのか。
そして、人は、ここまで違う生き物になれるのか。

 強い人間と弱い人間。
ウザクはとても弱い人間だった。
本の中で、アマヨクが帰宅した場面を、ウザクの目線から描いた箇所がある。
その描写が素晴らしかった。
アマヨクが怖い。
彼はとてつもなく強い人間だから。
逃げたい。
彼と向き合ったら、自分の過ちを認めなくてはならない。
嫌だ。
怖い。
ウザクの恐れが伝わって、私の心臓の鼓動が早まった。
まるで私がアマヨクを恐れているような錯覚に陥る。
物語の最後で、ウザクの弱さが語られる。
この世には、弱い人間と強い人間がいる。
それは知っていても、理解していないことだった。

 感じることがたくさんあって、メッセージもたくさんあって。
なのにごちゃごちゃしていない。
とてつもなく重厚で、とてつもなく壮大な大河小説。
あー。
この素晴らしさを全く言葉にできない。
こんなことを書きたかったんじゃない。
もっともっと感動したのに。
この本が偉大すぎて私が飲み込まれそう。
完膚なきまでに打ちのめされました。

作者の沢村凛さんに、私の精一杯の敬意を示したいです。
スポンサーサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【2012/05/02 22:00】 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<『黄金の王 白銀の王』 沢村凛 | ホーム | 『日本の地形・地質』>>
コメント
秋桜さん、おはようございます★
なんか凄そう、面白そう!読んだことのない作家さんですけど、俄然読みたくなりました!!
【2012/05/03 10:18】 URL | 日向 永遠 #MTvX3K/M[ 編集] | page top↑
おはようございます!
日向さん、おはようございます!!!!

これはすごかったですよ!!
私の感想、こんがらがってますが、すごすぎてまとめられないんですorz
自分の未熟さを嘆いております(笑)

沢村凛さんの作品を引き続き読みたくて、ただいま『黄金の王 白銀の王』を読んでおります。
まだ数ページしか読み進めていませんが、傑作の雰囲気ぷんぷんしてます。
また打ちのめされそうです(^_^;)
【2012/05/03 11:35】 URL | 秋桜 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://carpaccio009.blog.fc2.com/tb.php/40-cf152aa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。