スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『永遠の0』
私は戦争が分からない


永遠の0
  • 百田尚樹
  • 講談社
  • 920円
Amazonで購入


 私は戦争をこれっぽちも知らない世代だ。
当時の社会情勢や、国民の心情も分からない。
ましてや死を目前にした兵士の気持ちなんてなおさら。
宮部久蔵は素晴らしい人物だと思う。
でも、戦争という,今の私にとってあまりにもかけ離れた現実を理解しきれなかった。
だからこそ、この本に出会えてよかった。

 常に涙ぐみながら読み進めた。
人を想う気持ちの美しさ。
いい意味でも悪い意味でも、人の心を動かせるのは、人だけだ。
感動する。
でも、感動していいのだろうか。
彼らは命がけで闘った。
私には理解できない、その苦しみ。
想像すらできない本物の絶望。
涙は出るけど、彼らの気持ちが理解できない。
分からなくて当然だ。
でも、もどかしいし、そのことが苦しい。
私みたいな、戦争を知らない人間が、感動するとか言って簡単に涙を流していいのか。

 実際経験しないと理解できない、究極の苦しみ。
私は、死んでも戦争を理解できない。
特攻隊、爆弾、零戦・・・
戦争にまつわる言葉を、これから口にできなくなりそうだ。
私のような人間が、戦争について語ってはいけないと分かった。
戦争体験者に、同情しようなんて思ってはいけない。
私にできる唯一のことは、彼らに心の底から敬意を払うことだけだ。
スポンサーサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【2012/03/25 13:00】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<えっ! これ本物!?  | ホーム | 『ジェノサイド』 高野和明>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://carpaccio009.blog.fc2.com/tb.php/21-539a4bc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。