スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『ジェノサイド』 高野和明
すごい本を読んでしまった・・・。命とは、科学とは。


ジェノサイド
  • 高野和明
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 1890円
Amazonで購入


 すばらしい。
人間という生き物の本性がさらけ出されている。

 人間はみにくい生き物だ。
人殺しを何とも思わないバーンズ。
権力や富のために大量殺戮を行う権力者たち。
戦争を金儲けの道具にする。
命を、ものとしか考えない。

 一方で、人間はうつくしい生き物である。
息子のために闘うイエーガー。
難病で苦しむ子どものために、新薬開発に全力をそそぐ研人。
他の命のために、自分の命を犠牲にする。
そんな彼らの姿に何度も涙ぐんだ。

 人間は不完全な生き物だ。
でも、だからこそ、善と悪をあわせもつ人間をいとおしく思った。


 私は、人間は神の失敗作だと思っていた。
中途半端な知能で、自然に逆らおうとする。
自然と比べれば人間はちっぽけだ。
そんな分際で自然を解き明かそうなんて、身の程知らずもいいとこだ。
核爆弾だって、自然にちょっかいを出した結果、人間に与えられた罰なんじゃないか。
自然を解き明かそうなんて無理だ。

「無理だ、と言わない人たちが、科学の歴史をつくってきたんだよ」(P343-2行目)

一番胸につきささったセリフ。
ちっぽくな人間が、神々しい自然に立ち向かう。
小人が巨人とたたかっている。
でも、そんな光景を見ると、巨人より小人を応援したくなる。
かないっこないのを分かっていても、立ち向かう勇気。
あ・・・
科学って、勇気か。
無理をあきらめない人間のど根性。
まだまだ人間捨てたもんじゃない(笑)
スポンサーサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【2012/02/25 20:31】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<『永遠の0』 | ホーム | 『三国志 十三』>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://carpaccio009.blog.fc2.com/tb.php/19-a8626e1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。