スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『三国志 十二』
英雄たちの人生を描いた三国志。心に残るものがたくさんある。


三国志〈12の巻〉霹靂の星
  • 北方謙三
  • 角川春樹事務所
  • 600円
Amazonで購入
書評


 人生ってほんと様々。
馬超のように、世をはなれ、山でひっそり暮らす人生もあり。
曹操のように、全力で覇道をゆく人生もあり。
爰京のように、医術をみがきながら、英雄たちに出会う旅の人生もあり。
人生にはその人の考え方や、価値観が深くかかわっている。
たくさんの人の考え方を知ることができた。
私もそう思う、と共感するものもあるし、こんな見方もあるのか、と驚くこともある。

 これまで『三国志』を読んできて、心に残ったセリフがたくさんある。
それは美しい言い回しだったり、比喩だったり。
また、納得させられるものや、気づかされるものもある。
自分の考え方を大きく変えられるものもあった。

 『三国志』は人が描かれている。
赤壁などの戦闘シーンも圧巻だ。
でも、最後に心に残るのは、登場人物の人生やセリフだった。
とんでもない天才だけど、人の好き嫌いが激しかったり、ちょっと責任感が強すぎる孔明の人生。
流浪の軍から成長した、劉備の忍耐の人生。
そんな彼らが言う何気ない一言。

 のこすところあと一巻。
彼らの人生の最期を見届けます!
スポンサーサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【2012/02/16 10:22】 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<『三国志 十三』 | ホーム | 『三国志 十一』>>
コメント
三国志
あと1巻になりましたね!孔明しかのこってなくて寂しいですね。
【2012/02/18 11:14】 URL | 日向 永遠 #QjkneBII[ 編集] | page top↑
Re: 三国志
 いつもコメントありがとうございます(*゚v゚*)

 みんないなくなりました。
群雄割拠の時代も終わり、以前のような荒々しい感じもなくなりました。
さみしいです。

 最終巻、孔明の死を見届けます!
【2012/02/18 12:34】 URL | 秋桜 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://carpaccio009.blog.fc2.com/tb.php/17-a04ad296
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。