スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『とある飛空士への追憶』 犬村小六
傑作中の傑作!!!!


とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
犬村 小六 森沢 晴行
ガガガ文庫 とある飛空士への追憶(イラスト完全版)



もーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!
素晴らしい!!


映画がよかったので、原作も読みました。
これは間違いなく生涯べストのひとつです。


これほど腐った世の中に、これほど美しい物語が存在するのか!?
次期皇妃シャナと、社会の最下層で生きるシャルルの叶うはずもない恋。
せつなすぎる物語ですが、ラストシーンが素晴らしい。
ずっとずっと色あせることのない最高の舞台で締めくくられます。


身分、階級、それに伴う差別。
人を人とも思わない人間が世界を動かす世の中で、彼らのように澄み切った心をもつ若者がいることが奇跡に近い。
その美しさと人間社会の腐敗が互いを強調し、美しいものはより一層美しく、汚いものはより一層汚く、両者の違いがはっきりと表れています。
悪が勝つ世の中で、彼らの清純さは今にも壊れてしまいそうです。
しかし、自由な空の上なら美しいものはその美しさを保てる。
束縛から解放された人間は、こんなにも輝ける。
そう思うと、いかに私たちが普段無意味なものに縛られているかがよくわかります。
私たちは、立場、社会、秩序、そういった束縛の中で生きています。
ときには感情を無視しなければならない。
それが、運命の恋であったとしても。
なんてくだらない世の中だろうと思ってしまいます。

シャナとシャルルはそのことに気づきながらも
権力の前にひれ伏すしかありません。
人はみな平等であるのに。
身分というくだらない飾りで雲泥の差が生まれます。
しかし、空は自由です。
ラストシーン、まさに身分を捨て、人間として感動を分かち合う場面。
束縛をとかれた人間は、こうも幸せになれるのか。
こんなにも美しくなれるのかと感動します。

どんなに腐敗した世界でも、己を正しいと信じ、それを貫くことの素晴らしさ。
世界に惑わされず、自分の目で世界を見ろ!!
そして正しいと思う道を進め!!
感情を押し殺し、権力者の操り人形であったシャナは、自らの足で人生を歩み
身分階級のどんぞこで生きるシャルルは、それでも誇りを持って生きていきます。


この作品の美しさは、私の中でずっとずっと輝き続けるでしょう。


スポンサーサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【2013/01/28 23:34】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「時をかける少女」 | ホーム | 『RDG2 レッドデータガール2 初めてのお化粧』 荻原 規子>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://carpaccio009.blog.fc2.com/tb.php/100-e4715727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。