スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
勝間和代 『無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法』
読んだあと、私の世界が変わりました。一刻も早く勉強をしよう!!

年収10倍アップ勉強法 無理なく続けられる

 自分の価値観や世界観をガラッと変える、神のような本ってありますよね。
本書は、私にとってはそんな神本でした。

 時間が経ってもドキドキが止まらず、夜も寝れませんでした。
体の中で血液が猛スピードで循環しているような、エネルギッシュな感覚から抜け出せないんです。
「私の世界が変わっってしまった・・・」
世界が180度変わるとはこのことを言うんだと思います。
(ちょっとオーバー表現かな・・・)

 もちろん、すべての方にとっての神本ではありませんね。
効率の悪い勉強の仕方、いわゆる机に向かって”ガリ勉”タイプの方にとっては、面白い発見があるのではないかと思います。
要は、学生の勉強法と大人の勉強法の違いが明確に書かれているということです。

ポイントは、IT機器など、新しいツールをいかに使いこなして、続けられる仕組みをつくるか、です。
必需品は、ノートと鉛筆ではありません。
ノートパソコンとMP3レコーダーです。
夜遅くまで机に向かって粘る根性より、速読と、キーボード入力スピードの技術を身に着けましょう。
頭の中の整理も、マインド・マ・ップでパソコンにメモをとります。
道具がそろったら、いざ勉強に入るんですが、その前に1つステップを入れるころで劇的に効率アップが期待できて、・・・
とスタイリッシュな大人の勉強法のコツは、続いていきます。

ひとつ注意したいのは、本書は7年前に書かれたことです。
紹介されているサイトの中には、アクセスできないものもいくつかありました。

書かれている、勝間さんの勉強のノウハウの価値を考えたら、本の値段がいかに良心的すぎるか・・・。
本当に、ありがとうございます。
この勉強法をマスターした自分を想像すると恐ろしいです。
コツコツ身に着けていきたいです。

スポンサーサイト
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【2014/10/27 17:26】 | 2014年10月 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
堀之内九一郎『どん底からの成功法則』
「私は恥をさらしながら、そして泥を吐くようなつもりで本書を書きました」(P6)

どん底からの成功法則

ホームレスから年商102億円の社長。

「・・・!!??」

え!?
すごい。

 書店で本書を手に取った瞬間の私の感想です。
他の本の中に堀之内さんが紹介されており、なんとなく存じ上げていました。
「本当に世の中には不可能なんて存在しないんだなあぁ~、すごい方がいらっしゃるんだなぁ~」と軽く流していました。
しかし、実際彼の本を手に取った時、ビビッとくるものがありました。
おそらく「これは実話である」と実感したんだと思います。
「ホームレスから社長になった方は存在した、どん底からでも成功できるんだ、その方法を知りたい、学びたい」と思いました。

読めば読むほど、堀之内さん本人と会話しているような感覚になりました。
リアルな体験談だからこそ「次はどんな方法を使ったんですか? どうしてこうしたんですか?」と質問しながら本が読めたのだと思います。
お金に関することも書かれているのですが、ギリギリの勝負を潜り抜けてこられた危うさやスリルが伝わり、「いやぁ・・・。この方法は私には真似できません」と思ったり
”目標に向かって、どんなに効率が悪くても一歩を踏み出しなさい。そうすれば、次の一歩が見えるから”というようなメッセージがあれば、「今この環境で、私ができることは何だろうか」と探してみたり
”どん底に落ちたら、まずは自分の定点を知りなさい”という言葉が出てくると「分かりました! 今の私が反省すべきところはここで、・・・」と考えてみたり。

そして最後に、”私もあなたと同じ、人生まだまだこれからです。共に、精一杯生きていきましょう”、「ありがとうございました。私、頑張ります」と会話を交わしたように思います。

それくらい、堀之内さんの想いが伝わり、魂を感じた本でした。
エピローグに

 私に本を書く資格があったのかどうか、それはいまもわからないままです。
 本を書くにあたって、ホームレス当時の恥ずかしい話や、話してもいいのだろうかというようなことも思い出して、涙に詰まってしまったこともありました。
 本当に恥ずかしいことだらけでしたが、それでもこれを読んでくださったあなたが、いまよりほんの少しでも充実した生活を送ることができるならと、心を込めて書いたつもりです。(P190-8行目)


とあります。
確かに、私には賛成しがたい内容も含まれていました。
でもそれは、私が堀之内さんほどのどん底を経験したことのない甘っちょろい人間だからだという理由もあると思います。
自ら恥ずかしいとおっしゃるような話を、少しでもみなさんのお役に立てるなら、と書いてくださった彼の人としての器の大きさといいますか、偉大さを感じています。
何より、表紙の堀之内さんの表情のやわらかさが人柄の良さを示していますね。

堀之内さんのありのままの生き様を見せていただき、私のこれからの人生の重要な道しるべをたくさん教えていただきました。
「本書を書いてくださってありがとうございました」と伝えたいです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【2014/10/25 15:08】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青木仁志『一生折れない自信のつくり方』
あなたは、出来る!!!!

一生折れない自信のつくり方

 著者である青木仁志さんが17歳で社会に出て、どのように自信を築いてきたか、そのノウハウが書かれています。
読んでいると、青木さんの「自分の経験を紹介することで、少しでも多くの人に輝いてほしい」という想いが伝わってきます。
本から漂う気迫に、私のモチベーションはグングン上がりました。
著者の魂に触れられる良書に出合えたと思います。

自信はその人自身の思い込みや解釈なので、どんなに自信の無い人でも身につけることができます。
思い込みや解釈は、自分がイメージしたことを実現することによって「自分がこんな人間なんだ」というプラスの自己イメージのことです。
自己イメージを高めるには、成功体験の質と量を増やしていけばいいんです。
そのためには目標が必要ですが、最初は小さなことから設定するのがポイントです。
例えば、毎朝6時に起きると決める。これが5日続いた! よし、私はできる人だ。偉いぞ! 次はもう少しレベルアップした目標を設定しよう!
これを繰り返します。
そして、積み重なった成功体験は、リストを作って書き残してください。
増えれば増えるほど、自信はゆるぎないものになります。

この方法は、知っている方もいらっしゃると思います。
それでも実行できてないな・・・、と思う方や、それ以上のコツを知りたいなと思う方、ぜひ本書を手に取ってみてください。
すぐに実行できるコツもたくさん紹介してくださっていますし、何より青木さんからのエールに心動かされること間違いなしです。
「あなたは、出来る!!!!」

もっと本書を有効に使いたい!という方は、ナポレオン・ヒルの『成功哲学』を合わせて読まれることをオススメします。
青木さんご自身も本の中でおっしゃっていますが、『成功哲学』の影響が大きいそうです。

さぁ!
私も今日から、鏡の前に向かって「私はできる子や!」と自己暗示をかけて、一日を始めます。
「私は出来る!」

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【2014/10/24 08:24】 | 2014年10月 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
浅見帆帆子『大丈夫! うまくいくからー感謝がすべてを解決する』
精神レベルを高めよう



大丈夫!うまくいくから―感謝がすべてを解決する


 ”精神レベルを高める”というと、現実とかけ離れた印象も受けますが、決してそうではありません。
科学では目に見えない、偉大な力の流れを感じたことのある方は多いと思います。
たとえば、「ほしいものが、たまたま立ち寄った店にあった!」とか、「今日は、何をしてもすらすら進む」とか、そんな小さな不思議のことです。
「理由は分からないけど、運がいい」
それは、精神レベルが高まって、”こうなったらいいなぁ”という考えが実現したからなんです。
身の回りに起こることは、すべて私たち自身の考えが反映されたものです。
じゃぁ、精神レベルを高めて、現実に良い事を起こしていきましょうよ。
ひとりが良いサイクルをつくると、必ず周りの人にも伝染していきます。
それはどんどん広がっていって、気づくと世界平和につながるかもしれません。

精神レベルを上げる基礎は、ワクワクすること。
その他にも、日常生活で実践できることがたくさん書いてあるので、
少しでも気になった方は、手に取ってください。

この瞬間から、私も世の中をよくする流れの一人になります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【2014/10/22 10:48】 | 2014年10月 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ペイトン・リード監督,ジム・キャリー主演「イエスマン“YES”は人生のパスワード」
心のままに生きよう!


イエスマン “YES”は人生のパスワード 特別版 [DVD]

 自分の気持ちに正直になると、どんどん人生が楽しくなる!
好きな事、やりたい事には"Yes!!!"
嫌いな事、やりたくない事には"No!!!"
たったこれだけを実践する勇気を与えてくれる映画です。

 気持ちに正直になるのって、意外と難しいですよね。
したいことがあっても「今の自分の立場では・・・。」とか、どうしても理性が邪魔してきます。
そんな時、一歩踏み出して、自分にOKを出してあげる魔法の言葉が"Yes"です。
ただ、使い方を間違えると大惨事に・・・

 人生をちょっぴり楽しく生きる方法を教えてくれる作品です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【2014/10/21 15:16】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
羽生善治『決断力』
生き方


決断力 (角川oneテーマ21)

 将棋の要である”決断する力”は、人生の要でもあります。
本書は、将棋を題材にしつつも、天才棋士である羽生善治さんの考え方が書かれたものです。
日々成長し続けるために、勝負に勝つために、そのコツや考え方が紹介されており、
年齢問わず、学ばせていただける箇所があるはずです。
深い内容が書かれているので、年齢によって、目の付け所が異なるでしょう。

 人生は決断の連続です。
しかも、チャンスを得るためには、一瞬の判断が重要になることもあります。
本書を通して羽生さんの生き方に学ばせていただき、自身の人生をもっと輝かせましょう!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【2014/10/21 10:48】 | 2014年10月 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
千田琢哉『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』
読んだ瞬間から使えるノウハウ、考え方が満載


20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる

 社会人としての第一歩をスタートさせた20代は、右も左も分からないことだらけだと思います。
本書は、そんな20代を有意義に過ごすためコツを紹介しています。
仕事、お金、プライベート、時間、人脈、・・・と、後の人生をもっともっと楽しくするための、20代の過ごし方のヒントが得られます。

 見開きに1つずつメッセージが載っていて、端的にそのポイントが説明されています。
重要ポイントを把握しながら、すべきことが薄く広く理解できるので、読んだ瞬間から実行できるのが嬉しいです。
たとえ、説明の内容が納得できなくても、実行していると「あぁ! そういうことか!」と気づく瞬間がくると思います。
とにかく、今すぐ実行すべきこと、実行できることを知るにはもってこいの一冊です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【2014/10/20 07:29】 | 2014年10月 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
栗城史多『一歩を越える勇気』
人の無限の可能性を教えてくれます。


一歩を越える勇気

栗城史多さんを、ご存じの方もいらっしゃると思います。
彼は、冒険の共有をテーマに、リアルタイムで登山の様子を実況したり、
エベレスト単独・無酸素登頂に挑戦したりと、誰もが無謀だと思うことチャレンジし続ける登山家です。
危険すぎる挑戦であるため、栗城さんを批判される方もいらっしゃいます。
そんな栗城史多さんは、なぜ冒険を繰り返すのか。
彼の生き様が書かれています。


本書の前半は、彼の歩んできた道のりが紹介されています。
高校時代、学園祭の演劇で脚本の賞をとったこと、
高校卒業後に上京した苦い思い出、
そして登山をはじめたきっかけ、
生きる意味を、目標を見出した出来事など・・・。

後半には、彼の生き方、考え方が書かれています。
涙があふれてきました。
「ひとりの人間が、己の器を超えるとはこういうことか、
使命を生きるとはこういうことか、
自分が何者か分かっている人はこういう人のことか、
宇宙の意思で生きるとは、こういうことか、・・・」

人間は、無限の宇宙の一部で、大きな可能性を秘めた存在であることを思い知りました。
自分の意思で生きているのではなく、宇宙の意思で生きている。
だから、苦しいことも悲しいことも受け入れて、生きていることに感謝できる。

器の大きい人とは、宇宙の意思で生きている人のことを言うのでしょうか。
人はちっぽけだけど、その可能性は計り知れません。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
↑↑ランキングに参加させていただいております。                        クリックしてくださった皆様、ありがとうございます♡
【2014/10/16 08:17】 | 2014年10月 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。